2007年08月16日

日経平均225の下落が大きすぎる!!

日経平均225先物を始めたばかりで、大きな下落相場に局面してしまいました。
損が10万円も膨らんでしまいました。
これからも下がるようであれば、降りなければなりません。
普段はFXをやっており、日経平均225の話しは時々聞くだけで、過去の日経平均225はどうだったのか全然把握できていない状態です。
チャートを取寄せました。
とにかく下のチャートを見て下さい。
日経平均225200708


現在の日経平均225は、2月末の世界同時株安の安値を簡単に超えて一時は16000円を割り込みました。
為替の世界では、世界同時株安の安値を超えていない通貨ペアがほとんどです。
なぜ日本株だけが大きく下げる方向に狙い打ちされるのか!?
日本株は国内投資家だけではなく、海外の機関投資家も購入しています。
米国のヘッジファンドが日本株を売って、日本株をかなり下げています。
円安になると、米ドルから円に替えた方が、円の資産価値が増えます。
円高になると、円から米ドルに替えた方が、米ドルの資産価値が増えます。
海外の機関投資家が日本株を持っている場合は、円高がかなり進行した時点で、日本株を売却して円を得、この円を米ドルに替え金した方が米ドル資産がかなり増えて得します。
なぜ、円安のときに、円から米ドルへ替えるのか、不思議です。
誰か分かる人があったら教えて欲しいです。

クリック願います人気blogランキングへ
posted by トム at 18:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 日経平均225先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
失礼いたします
Posted by エロ at 2008年01月26日 00:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51614248

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。